メジャー君と野球ちゃん

アクセスカウンタ

zoom RSS イチロー今季2度目の「猛打賞」、打率3割復帰

<<   作成日時 : 2011/04/24 14:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

シアトル・マリナーズのイチロー外野手はこの日、本拠地で行われたオークランド・アスレチックス戦に1番ライトで先発出場。今季2度目の猛打賞を記録するなど、4打数3安打で、打率を.304とした。打率が3割に乗ったのは、開幕5戦目で切ってから初。一方、5番・指名打者で先発出場した松井秀喜は、4打数無安打、1得点、1四球、3三振だった。マリナーズは1対9でアスレチックスに完敗している。

 3点ビハインドの5回、1死走者なしで打席に立ったイチローは、相手先発トレバー・ケーヒル投手の投じたカウント2−0からのシンカーをとらえると、打球が角度よくライト方向へ上がった。今季初本塁打か、右翼手が打球を見上げたことでその期待が高まったものの、打球は惜しくもフェンス上部に当たっている。

 イチローは2回の2打席目、8回の4打席目にもレフトへヒットを放っており、2試合連続マルチ。今季9度目となってリーグトップタイに並んだ。また、マルチ安打は、メジャー通算700試合目。2001年以降ではメジャー最多となっている。

 しかしながらマリナーズは、6回に5点を奪われて突き放されている。マリナーズは5回、イチローの二塁打を生かせず、無得点。あそこで1点でも返していれば、その後の展開はどうなっていたか、というところだった。

 一方の松井。1、2打席目は二塁ゴロ、三振に倒れていたが、6回の3打席目は四球を選ぶと、そこからアスレチックスの猛攻が始まっている。ただ同じ回、打者一巡して回って来た2死一、二塁の場面では、この日2つ目の三振を喫した。松井は9回の最終打席でも三振をしており、1試合3三振は、今季2度目となっている。

 さて、試合をもう一度振り返れば、4回2死2塁の場面でアスレチックスのケビン・クーズマノフ三塁手がセンターに浅いフライを打ち上げている。この打球に対してマイケル・ソーンダース外野手がダイビングキャッチを試みたが、打球をグラブに当てながらヒットにしてしまった。責めるのは酷だが、あれを捕っていたらイニング終了で、あの回の3失点はなかった。結果的には6回の5点以上に痛い3点だったかもしれない

スポーツ総合・スポーツ時々大絶賛
欧州ワンダーエキスプレス〜フットボール〜
・海外組〜サッカー情報〜
メジャー君と野球ちゃん
3Kスリーケイ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
イチロー今季2度目の「猛打賞」、打率3割復帰 メジャー君と野球ちゃん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる