メジャー君と野球ちゃん

アクセスカウンタ

zoom RSS .オリックス・朴賛浩7回無失点で来日初勝利

<<   作成日時 : 2011/04/22 22:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


 (パ・リーグ、オリックス2−0西武、1回戦、オリックス1勝、22日、京セラD大阪)オリックス先発の朴賛浩が7回無失点で来日初勝利を挙げた。打線は二回に犠飛で先制すると、三回には北川の適時打で追加点を挙げた。

日本のマウンドで輝いた。メジャー124勝右腕・朴賛浩が西武打線に立ちはだかり、ホームを踏ませない。3連敗で最下位に沈むチームを救う投球を見せた。

 立ち上がりこそ制球に不安をみせてピンチを招いたが、三回以降はベテランらしさを発揮。動く直球と多彩な変化球を巧みに駆使して、大振りの目立つ相手から凡打の山を築いた。米フィリーズ時代の2009年5月13日ドジャース戦以来の先発勝利に向けて、腕を振った。

 「野球人生の1ページになる」と話した前回登板で自信を得た。15日の楽天戦(甲子園)。敗戦投手になったが、七回途中3失点と試合をつくった。「先発としての役割は果たせた」と胸を張った。

 この日は心強い応援もあった。今カードは「コリアン・デー」と銘打たれて開催。球場内ではトッポギ、チヂミなど韓国グルメも販売されている。多くの韓国人ファンが応援に駆けつけ、スタンドではためいた母国の国旗が力を与えた。

 不振が続く打線も援護した。前日21日に初めてスタメン落ちを味わった李承ヨプが、二回無死一塁の第1打席で右前打。もう1人の韓国の英雄としてスタンドを沸かせた。そして、一死満塁から山崎浩の浅い中飛で李承ヨプがタッチアップ。先制点をもぎ取った。三回にもベテラン北川が左前適時打を放ち、追加点。投打がかみ合い、優位に試合をすすめた。

試合は、八回以降も継投で西武打線を沈黙させ2−0でオリックスが勝利した。西武は泥沼の5連敗となった

メジャーでの実績は野茂よりも上・これからオリックスの強力な力になること間違いなし

スポーツ総合・スポーツ時々大絶賛
欧州ワンダーエキスプレス〜フットボール〜
・海外組〜サッカー情報〜
メジャー君と野球ちゃん
3Kスリーケイ



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
.オリックス・朴賛浩7回無失点で来日初勝利 メジャー君と野球ちゃん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる